ではなかったです。なんせまだ11月ですから(`・∀・´)エッヘン!!

朝方はひじょーに寒かったです。

ポイントに着くまでキャビンに避難してようと思ったら…

キャビンがない。

4人連れということで広々とした操縦席の前を貸切状態で使わせていただいたのはよかったのですが。

冷たい風がびゅーびゅー吹き付けてきて真冬仕様の防寒着も全く役に立ちませんでした。

穏やかを絵に描いたような瀬戸内海で船上死するなど釣師の名折れよと気力を振り絞って耐えましたけれども、あれで小1時間も走られでもしちゃあ間違いなくルイベになっていたことでしょう。

でも日が昇るとそれはそれはええお天気になりまして、のんびりムード満開です。

釣りはとてもシブかったです。

常連さんとも話をしてたのですが、最近は全然ダメよということで、まあ大体予想通りだったので何か一匹釣れたらよしとすることにしました。

私は朝早くにタチウオを一本捕獲。

061108_1000~0001

そんなに大きくはありませんが、自作のインチク(和式のルアーです)で釣れたので嬉しかったです。

タチウオは群れで行動する筈なので、一匹釣れたんだから同じ場所でもうちょっと粘らせて欲しかったのですが、釣り上げた直後に容赦なく移動されてしまいました。この日のメインターゲットはハマチ、メジロにタイだそうで。

同行者1号はハマチを一匹釣り上げまして、最近どんどん傲慢になってゆく私達はハマチごとき小魚を釣っても嬉しくともなんともなくなってきてるのですがとりあえずキープ。

同行者2号は奮闘の結果ボーズをくらって(ウデは私よりよい筈だ)ディープブルーの底に落ち込み、ジギング初体験のO崎アニキは予想通り(?)疲労困憊の上、ボーズ神に憑依されてしまいました。

ジギングの辛さ苦しさ切なさを身に染みてお分かりいただけたようで(慣れるとそんなに辛くないのですが)。

明石方面の船は14時過ぎには釣りを終えるので早く帰宅できます。時間が短い分、乗船料金も日本海の6割弱。さらに日本海では超ハードな釣りの後、暗い田舎道を3時間半のドライブが待ってます。

瀬戸内海って平和だ….(運転ありがとう!)

で。

件のハマチ。

同行者Aはいらないから捨てるとか誰かにあげるとか言い出したのですが。

「秋の明石海峡のハマチはめちゃめちゃ美味い。日本海のものとは比べ物にならない」

という話が釣師の間ではまことしやかに物語られてます。

なぜか釣りや魚の味に関しては、「瀬戸内派」と「日本海派」は水面下で激しく対立してまして(ちなみに私は日本海派でした)、この話も瀬戸内派のお国自慢みたいなもんだろうと本気にしてませんでした。

検証してみるのに絶好の機会じゃありませんか。

釣果としてはタチウオとハマチが一匹ずつという寂しい感じではあるものの、2人で酒のあてにするには充分すぎます。

帰宅してさっそく刺身にしてみました。

タチウオは

普通の刺身

061108_1931~0001

皮だけさっと炙ったもの

061108_1931~0002

後者の勝ち。

ハマチゃんはふつーに刺身です。

先に口に運んだ同行者Aがげらげら笑い始めました。こやつ、想像を超えるおいしいものを食べると大笑いしながら騒ぎまくるという変な性質をもっています。

だから鮨屋に連れていくと大変なことになります。

早く食べろ、すぐに食べろ、タチウオなんてどうでもいいとわめくので食べてみると。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!!

あっさり瀬戸内派に寝返りました(´∀`*)ウフフ

☆党首の心意気、買った!←御寄付・御支援のお願いです

★他の実験も読んでね♪

★ブドゥ党と党首σ(゚∀゚ )を応援して下さる皆さまへ:

・SNSでの教典の拡散、はてなブックマークへの登録にご協力下さいませ♪

Facebookブドゥ党ページへのいいね!もお願いします♪

・党首ともFacebookでお友達になりましょう♪

・党首のTwitterもフォローしてね(人´∀`).☆.。.:*・゚

◆党首おすすめの記事

☆ご飯は?砂糖は?お肉は?血糖値、計りたおしてます♪
☆サラシアで血糖値を下げる!糖質オフの強い味方
☆浄財で功徳を積みましょう☆
☆【党首より】ブドゥ党限定のサラシア茶 共同購入しませんか?


秘密結社ブドゥ党 友だち追加数