冷やご飯実験とかラード飯実験の後、色々なリクエストをいただいたのですよ。

その中でも多かったのが、

ラードたっぷり炒飯

バターライスまたはバター入りピラフ

を温かいのと冷やしたの食べ比べてみよなどというものでした。

中には「王将の炒飯と餃子」という何故かお店指定のものまでありましたがまあこれはこれで面白いかも。

ラードたっぷり炒飯、ついでなんでスパイス実験も兼ねて自家製ミックススパイス入りカレー炒飯などを作ってみようと思いたちましたが、冷蔵庫のピーマンさんをチェックしたらことごとくカビておる!

党首、ピーマンの入ってない炒飯など出されようものなら世界を滅ぼしてしまいたくなるのですよ。

今となっては気の毒な話ですけど、かつて一昼夜でポンペイの街を壊滅させたあのヴェスビオ火山大噴火、あれ実はσ(゚∀゚ )トウシュの頭頂から噴出した怒りが連鎖して起こったものなのですよ。

あれは1世紀、西暦で言うたら79年のことでしたかね。

党首は資産家だったガイウス・プリニウス・カエキリウス・セクンドゥス君に招かれてポンペイにいたんですよ。

で毎日特にすることもなくぷらぷらしてたわけですが、ある日「今日の晩ご飯何する-?」「炒飯食べたーい」「ほなわしが作ったるわ」「(∩´∀`)∩ワーイ」みたいな他愛のない会話があったはずです。

で、すごい期待して待ってたのに、出てきた炒飯にピーマンが入ってなかったのね。

そこでついつい大噴火(ノ`Д´)ノ キィィィ!!

まさかあんな大惨事になるとは夢にも思わなかったけど。

党首も若かったからなぁ。懐かしい思い出(人´∀`).☆.。.:*・゚

さて、あほなこと言うてないでバターライス的なものを作りましょう。

ここで何作ろうかと考えてたら、懐かしいものを思い出しました。

昔、σ(゚∀゚ )トウシュの世を忍ぶ仮の姿の母上が時折作ってくれてた、よく考えたらフシギなご飯ものがございまして。

12165894_10203848934903826_463680023_n

↑これ。

何かと申しますと、タラコ、鮭、カニ(缶詰ですが)、バターを混ぜた炊き込みご飯的なものです。

タラコと鮭を混ぜるなんてところが今思えばすごいセンスのような気がしますし、さらにカニ缶とバターが入ることで得も言われぬ風味が加わりまして、ご飯食いにとってはなかなかの絶品ではないかと思います。

寡聞にして党首このようなものはよそでは見たことも聞いたこともないので我が世を忍ぶ仮の母上は一体全体どこでこのようなものを知ったのか、電話して聞けば済む話ですが面倒なのでパスします。

しかし…タラコに鮭にカニ…よほど北海道に憧れてたのか?党首のアタマの中はすっかりオホーツク海。

ものすごく捏造っぽい噂によりますと、函館戦争の時に五稜郭を兵糧攻めせんとした新政府軍、海の幸を食べ尽くして旧幕府軍に食糧が行き渡らなくさせるべく考案したムダに贅沢な炊き込みご飯がこれだったんじゃないかと。

まあ読んでそのまんまですがウソ臭いっていうかウソですよこんな話は。オホーツク海と函館遠すぎるし(ヾノ・∀・`)ナイナイ

ともあれ、妖怪二口女に取り憑かれていた若かりし頃は党首これが大好きでございましたので、再現してみました。

糖質たっぷりなので一般論としてはお奨めはいたしませんが、糖質気にしてない方やどうしても作ってみたいと思われる方のために簡単にレシピ紹介しときます。

  • 米: 三合
  • タラコ: テキトーな1パック(切れ子で十分)
  • 鮭: 秋鮭3切れ入れました。
  • カニ缶: 1個(主にだし用なので冷凍カニとか殻付きエビでもよさそうです)
  • バター: たっぷり(と言ってもせいぜい50gくらいかな)

以上を全部炊いて、炊きあがったら鮭の骨取ってよく混ぜるです。水の量は通常の三合分より少し少なめ。あ。カニ缶の缶は入れちゃダメよ(´∀`*)

実験前夜に炊いて、保温せずに朝まで放置しました。常温です。

食べた量はおよそ300g(計ったけど写真撮るの忘れました)。

不純物(?)がたくさん混ざっているので同量のご飯だけに比べると糖質量は少なくなりますので、普段より多めに(いつもは250g)食べて計測しました。

何年振りに食べたかなぁ。何年どころじゃないから思い出すこともできませんが(;´∀`)

さて、かつての大好物、冷ました場合の血糖値はどうなりますやら?

★血糖値(mg/dl)

  • 空腹時: 79
  • 30分: 110
  • 60分: 114
  • 120分: 114
  • 180分: 117
  • 240分: 112
  • 300分: 111

seafoodrice

ほほーお。

フシギなご飯は血糖値の推移もなんか不思議。

空腹時から30mgだけ上がって、6時間ずっとそのまま。

seafoodrice-rice

3時間値までになりますが、白ご飯のみ(赤グラフ。温かいご飯です)と比べてみたらこうなります。

lardrice-seafoodrice

赤はラードご飯(温)です。ラードご飯も白ご飯のみと比べると随分食後高血糖は抑えられていますが、今回のオホーツクバターライス(?)の方がさらに上がらない(下がりもしないけど)ですね。

pork-seafoodrice

こちらは豚肉300gとの比較です。まあご参考までってことで。

σ(゚∀゚ )トウシュと同じく「冷やご飯なら血糖値上がらない体質」をお持ちの方ならこれも問題ないでしょう。グルコーススパイクだけを気にする場合は。

そもそも冷やご飯で上がらないのなら、バターやラード混ぜた冷やご飯でも当然上がらないはずですから。

次はこれを温めて違いを見てみることにします。

真性糖尿の方、あるいは糖尿でなくても冷やご飯で普通に血糖値上がる方にもご協力をお願いしたいですね。

可能な方は、ラード、バター、オリーブオイル、ココナッツオイルなどをたっぷり使って炒飯やピラフを作り、常温あるいは冷蔵庫で適度に冷やしたものを食べて血糖値計ってご報告いただけますと多くの方の救いにつながると思います♪

ただし真性糖尿の方は身体が心配なので食べる量にはご注意下さいませ。

ということで、シーフードのおまけはついておりますが一応バターライス実験でした。

【追記】

後日、同じものを温めて食べて計ることにしました。

300gをレンジでこれでもかというくらいにホカホカにしたところで気付いたのです。

σ(゚∀゚ )トウシュ、激しくネコ舌だったなと‎ↀωↀ

仕方がないので少し冷まして食べました。

細かくムダな動きをする党首であります。

さて結果は…

★血糖値(mg/dl)

  • 空腹時: 78
  • 30分: 102
  • 60分: 137
  • 120分: 117

seafoodricehot-cold

今回の計測結果は緑のグラフでございます。

やはり温めると冷めたものよりは血糖値が上がりますね。

白ごはん単体に比べたらずいぶんマシな感じではありますが。

バターや魚卵、魚肉に含まれる脂肪分が関与しているのでしょうねぇ。

となるとサカナの脂肪と血糖値抑制の関係についても調べてみてもいいかもしれませんが、とりあえずこれはこれで一旦終わりとしときましょう。

「冷やご飯で血糖値上がる方」がオリーブオイル&ご飯で実験して下さいました。ありがとうございます☆ コメント欄もご覧下さいませ。

☆他の実験も見てね(人∀・): 血糖値実験室(一覧)

☆党首の心意気、買った!←御寄付・御支援のお願いです

★他の実験も読んでね♪

★ブドゥ党と党首σ(゚∀゚ )を応援して下さる皆さまへ:

・SNSでの教典の拡散、はてなブックマークへの登録にご協力下さいませ♪

Facebookブドゥ党ページへのいいね!もお願いします♪

・党首ともFacebookでお友達になりましょう♪

・党首のTwitterもフォローしてね(人´∀`).☆.。.:*・゚

◆党首おすすめの記事

☆ご飯は?砂糖は?お肉は?血糖値、計りたおしてます♪
☆サラシアで血糖値を下げる!糖質オフの強い味方
☆浄財で功徳を積みましょう☆
☆【党首より】ブドゥ党限定のサラシア茶 共同購入しませんか?


秘密結社ブドゥ党 友だち追加数