2013年の10月、41歳の誕生日を目前に控えた私は密かに水泳を始めておりました。

なにゆえ不惑を迎えてみずおよぎなどを始めたのか?とよくよく尋ねられるので話しておきましょう。

23歳でボクシングを始めかれこれ20年近く経つわけですが。

ここ数年間、全身の関節をくまなく痛めておるものでボクシングもそろそろ辛い…..ってまあ行って運動する分には辛くはないのですけど、痛めたところは全く治らないし考えものかなぁというのも理由の1つではあります。

もっと根本的な理由を正直に申し上げますと、何しろ私はイマドキあんまり言わないかもしれませんがいわゆる「カナヅチ」さんでございまして。

ええ。

「泳げない」

のですよ。

イヌでもブタでも水に放り込めば何とか泳ぐ今日この頃ですが彼らよりはるかに高い知能とキュートな外見を持つ私めがですよ。

「お・よ・げ・な・い オヨゲナイ」

のですよ。

まあ今更どうでもいいっちゃどうでもいいかもしれませんが、ある日の明け方頃でしょうかね。

なんとなく子どもの頃にテレビで見たような気がする

「甲冑着て泳ぐ奇妙な人」

が夢枕に立っておりましてね。

正確に言えば夢枕に立ち泳ぎしてたんですがね。

↑こんな感じの人が。

夢から醒めた時に何かこう得体の知れぬ情動に突き動かされはらはらと涙をこぼしながら自問自答してみたわけですよ。

泳げない中年男子のまま泳げない老年男子になってゆくのか。

そして泳げない老年男子のまま人生を終え泳げないホトケとなってゆくのか。

三途の川は渡し舟があった筈やからまあ差し支えないかと思いますけれども。

でも確か三途の川って渡し賃がいるのよなぁ。持って行くの忘れたらやっぱり自力で泳ぐことになるやろうしなぁとか。

色々考えたのですよ。

そしたらいつの間にか思考のトラップにはまってしまい、必然的に二択になりましてね。

「泳げないまま一生を過ごす」

「甲冑着て泳ぐ」

か。

ここまで選択肢が絞られたら「人生とは無意味なチャレンジの連続である」を人生訓にしている私としては後者を選ぶしかないわけで。

「いつ泳ぐの?今でしょ!」と1人コーフンmaxでなんと19世紀末から存在しており京都の子なら誰でも1度は連れていかれたことがあるであろう「踏水会」までチャリを飛ばしたのであります。

何を隠そう私も今を遡ること35年ばかり、6歳くらいの時に見学だか体験だか来たことありまして。

確か1つ上の私の兄は一時期入会してたような朧気な記憶があったので兄に聞いてみたら「入会してたびょーん(σ’д`)」との回答を得たのでたまには私の記憶も正しいのだと自信を持ったりもしたのです。

踏水会入門後の詳しい話は涙なくして語れませんし、下手に涙流しながらキーを打つと文字がかすれて読む方が切ない思いになるかもしれませんのでおいおい語ることにします。

まあ一言で言えば、ここの愛情あふるる先生方はとてつもなく神のごとく平等です。

なにしろ中高生と中高年が同じ扱いを受けるのですから。

実際にはかなり手加減していただいてるとは思いますが…..(∀`*ゞ)

印象的なエピソードは限りなくあって人生観変わってしまいそうですが1つだけ紹介しておきましょう。

日本(古式)泳法のクラスに参加してみた時のこと。

もちろん事前に「私ぜんぜん泳げまへん」とはしつこく伝えてありましたよ。まだ死にたくないし。

シンクロとか水球の子らが使う深いプールで練習する日だったのですけどね。

泳げない人間にとって足がつかないプールなんて無闇に大きな棺桶と一緒なのでありまして、当然、怖くて入ることもできやしません。

そこで先生(母親と同世代)。

「大丈夫よ。崖から落ちたと思って飛び込んだらいいのよ♪」

工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

が、崖から落ちたことないんですけど…..

「ごちゃごちゃうるさい それっ」

さ、さつじんみすいでわないれすか????

おかげさまで今や全然平気になっちゃいましたが。

そんなこんなで水泳行ける日が楽しみな毎日でございます。

あ。これ始めてから生活ちょっと変わりました。

まずお酒の量がかなり減りました。疲れ果ててすぐ眠くなるから。

と言っても毎晩ワイン1本は欠かせませんが。これが私の夕食(?)なもので。

水泳始めるまでの10年ばかり毎晩深酒/毎朝フツカ酔いの生活でして相当飲まないと眠れませんでしたけど、そんな習慣はコロっと終焉を迎えました。

甲冑着て泳げる日がもし来たら動画アップしますので応援よろしくv( ̄Д ̄)v イエイ

ってこれ水泳始めた理由の説明になってるのかしら….?????

ちょっと真面目に書いておきましょ(どうでもいいことなんですが)。

・幼少時に他のスイミングスクールに入れられて、恐い先生にいぢめられた(厳しく指導していただいただけなんですが)おかげですっかり水泳嫌いに。ここからオヨゲナイコンプレックスをずーっと持ってました。

・そのくせ海が大好きで。釣りはライフワークと思ってますしサーフィンとかダイビングとか色々やってみたいし。

・船もしょっちゅう乗ってます(ました)けど、乗る度に「落ちたら即死やな….」←ダム湖で船がひっくり返って落ちたことありますけど(;´∀`)

等々、常々「水泳やりたいなー。でも今さら習いにいくのも恥ずかしいなー」とぐずぐずしておったのです。

でなんか知らんけどある日ふっきれました(笑)

どうせ私は妖怪・寝肥が取り憑いているに呪われた体質、一生運動し続けないとたちまち肥え太る運命の持ち主ですから。

これからボクシングに変わる、筋や関節を痛めない&死ぬまで続けられそうな運動を見つけるのもなかなか難しい。

そうなったら総合的に見て水泳始めるしかないかなぁ~

やるの?やらないの?

やるなら今しかないよ。あと数ヶ月グズってたらあんたのことだから多分一生やらないでしょうよΨ(`∀´)Ψ

ってなあほみたいな思考の末に踏水会の門を叩いたわけです。

勇気を出して建物に入れば当然ながら受け付けには若いお嬢さんが数名。

所定の入会手続きを済ませると、お嬢さんの一人が徐に取り出したるは…

血圧測定器ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

すっかり忘れてた。

私、若い頃からけっこうな高血圧の持ち主でして(だからって何の異常も感じたことはないですけどね)。

げ。げげげのげ。まあでも計るしかないわなぁ。測定拒否したら変なおっさんやと思われるだけやろし。

計りました。

測定値を見たお嬢さん、目が点。他のスタッフと相談を始めます。

私にとっては普通のことなのでつい(・∀・)ニヤニヤしてしまいましたが。

えー、当会の規定で-、○○以上だとお医者さんの診断書持ってきてもらわないとダメなんですがー。

毎晩それでボクシングやってんですがね(´∀`*)ウフフなんてゴネても始まらない。

はーい。貰ってきまーす。

門前払いくらっちゃいました( ゚∀゚)アハハ八八

後日、診断書添えて入会させていただきましたけどね。

ま、こんな感じです。おしまい。

☆党首の心意気、買った!←御寄付・御支援のお願いです

★他の実験も読んでね♪

★ブドゥ党と党首σ(゚∀゚ )を応援して下さる皆さまへ:

・SNSでの教典の拡散、はてなブックマークへの登録にご協力下さいませ♪

Facebookブドゥ党ページへのいいね!もお願いします♪

・党首ともFacebookでお友達になりましょう♪

・党首のTwitterもフォローしてね(人´∀`).☆.。.:*・゚

◆党首おすすめの記事

☆ご飯は?砂糖は?お肉は?血糖値、計りたおしてます♪
☆サラシアで血糖値を下げる!糖質オフの強い味方
☆浄財で功徳を積みましょう☆
☆【党首より】ブドゥ党限定のサラシア茶 共同購入しませんか?


秘密結社ブドゥ党 友だち追加数