それにしてもフライドポテトとポテトチップスはどちらも英語っぽいのに実際の英語ではややこしい。

宗教指導者としてはややこしいものを分かりやすく説明するべきかとも思う反面、この教典は宗教的なアレなのでつまり哲学的な要素も必然的に含むわけでややこしいものをよりややこしく難解にして解説本が出るくらいでなければ有り難みがないような気もします。

可能な限りややこしい話にしてみます。

まず「フライドポテト」。

英語圏でも通じるとは思うけどこれは和製英語でございます。

フライドポテトと言っても日本でも多少のバリエ-ションはありそうなのでとりあえずあのマクドナルドのあれを想定していただくとしましょうか。

フライドポテト

↑マクドのあれ

これ、アメリカではフレンチフライと呼びますがイギリスではチップといふ。※とりあえずここでは単数形で統一してますが実際は全部複数形になります。

これがチップだったらほなポテトチップはどうなるんだと言いますとイギリスではポテトチップのことをクリスプと呼ぶのであります。

イギリスではクリスプなんだったらアメリカではどうなのよって話になるのですがアメリカではポテトチップはポテトチップであってクリスプなどと言えば札束やラリったお兄さんが出てきたりします(ヾノ・∀・`)ナイナイ

ところがイギリスでクリスプというと作家のクエンティン・クリスプとエドムンド・クリスピンあたりが知られたところですが後者はオックスフォード・レクイエムを作った作曲家ブルース・モンゴメリーと同一人物なのです。

じゃあなんでアメリカではフライドポテトをフレンチフライと呼ぶのかと言いまするとこれがあんまりよく分かってないみたいですが19世紀~20世紀初頭にかけてディープフライ(油にどぼんと漬ける揚げ方ね)のことをフレンチフライ、ようは「フランス式の揚げ方」と呼ぶようになったみたいですが真偽のほどは党首は知りませぬ。

関係ないものどんどん足していけばいくらでもややこしい話にできるのですが別に書いてて面白くないのでこの辺でやめることにします(`・ω・´)ゞ

第一、この教典は完全に日本語で書かれているのでしてポテト加工品を英語で何と呼ぼうがどうでもいいことではないかヽ(`Д´)ノプンプン

ということでフライドポテト実験の結果は皆さん覚えておいででしょう。

フライドポテト実験

冷めたフライドポテト食べてσ(゚∀゚ )トウシュが失踪してしまってそれっきりっていうあの悲しい哀しい事件ですわ。

冷めたフライドポテトはとんでもなくマズかったけど血糖値はあんまり上がらなかったという結果が出たのでしたね。

であれを読んだ多くの方々が感じた疑問は、

冷めたフライドポテトで上がらないのなら、ポテトチップも上がらないはずよね?

でした。

当然ですな。ポテチはデフォルトで冷めてますから。

同じポテトだし。揚げてあるし。

つまり違いは形状だけで、ほぼ同じものなわけです。

でσ(゚∀゚ )トウシュとしては、なんとなくですがポテチは上がる気がしておりました。

冷めたフライドポテト → 冷やご飯に近い

ポテチ → おせんべいに近い

こんな感じですかね。

ポテチは薄い分、水分が少ないので揚げることによってデンプンがα化したまま固定されているのではないかと思うのです。

と言っても煎餅で血糖値計ったことないのですけどね(;´∀`)

【参考】デンプンのα化やβ化についてはこちらのページが分かり易いかと思います。

http://ut-cast.net/science/1201/

などといくらつらつら考えたところで血糖値ばかりは計る以外に知る方法はないので計ってみます。

12285825_10204000816860780_1116353344_n

ポテチも色々ありますねぇ。まあまたもやなんとなく党首的にはこれがスタンダードな気がするのでこれにします。

12311470_10204000818300816_1062833717_o

重量比55%が炭水化物(糖質)だそうです。

大量に食べる気がしないので糖質30gに合わせます。

12308915_10204001027706051_1958828520_n

大体こんなものですね。

ひっさしぶりに食べた気がする。

嫌いじゃないけど、別に好きでもない。

スナック菓子の類に全く興味がないもので(´∀`*)

強いて言えばポテチの中ではプリングルズが好きな方かもしれない。

なんかポテチ食べてると牛乳飲みたくなるよなぁ。

牛乳なんて普段全く飲まないのになぁ。

まあどうでもいいか。

では計りましょう。

★血糖値(mg/dl)

  • 空腹時: 77
  • 30分: 132
  • 60分: 134
  • 120分: 108

potechi55g

まあまあ普通に上がってる感じですねぇ。

potechi-frenchfry

赤は冷めたフライドポテトですが、フライドポテト350g食べたので糖質量は84gくらいでしたか。ポテチよりはるかに多いです。

pote-hrice

糖質量ほぼ同じの温かいご飯と比べるとまだましな方ではありますね。

pote-pop

これまた糖質量ほぼ同じのポップコーン(緑)と比べてみます。

ピークの値はほぼ同じですけど、ポップコーンはすっと下がってますねぇ。

pote-crice

最後に冷やご飯(糖質量は一緒ね)とも比べておきましょう。

ということで、今回はおおむね予想通りの結果となりましたかねv( ̄Д ̄)v

ポテチ、まあまあ血糖値上がります♪

☆党首の心意気、買った!←御寄付・御支援のお願いです

★他の実験も読んでね♪

★ブドゥ党と党首σ(゚∀゚ )を応援して下さる皆さまへ:

・SNSでの教典の拡散、はてなブックマークへの登録にご協力下さいませ♪

Facebookブドゥ党ページへのいいね!もお願いします♪

・党首ともFacebookでお友達になりましょう♪

・党首のTwitterもフォローしてね(人´∀`).☆.。.:*・゚

◆党首おすすめの記事

☆ご飯は?砂糖は?お肉は?血糖値、計りたおしてます♪
☆サラシアで血糖値を下げる!糖質オフの強い味方
☆浄財で功徳を積みましょう☆
☆【党首より】ブドゥ党限定のサラシア茶 共同購入しませんか?


秘密結社ブドゥ党 友だち追加数