ラード飯実験では、ご飯がもたらす血糖値上昇をアブラがかなり抑えたことが示されました。

実験A-26 脂質・タンパク質と糖質その2:脂質と糖質を一緒に摂ったら血糖値はどうなるか?ラードとご飯を闘わせてみる

しかしどういう仕組みで抑えたのが分かりません。

Facebookを中心にさまざまな意見を出していただきましたが、なぜかお医者さんや栄養士さんからのコメントは皆無(´∀`*)ウフフ

みなさま奥ゆかしいのか引っ込み思案(/ω\)イヤンなのか単に分からないだけなのか、しょうがないので素人が集まってあーでもないこーでもない。

前回の実験記事にコメントいただいた方の説はなかなか興味深かったです。

  1. 脂質を多く摂るとインクレチンが分泌される
  2. インクレチンはインスリンの分泌を促す→インスリンが多く出た
  3. 血糖の処理が加速された

このために血糖値がそれほど上がらず、また一定時間内に収束したのではないか、というものです。

これを読んだ時はほほぉーと納得しかけたのですが、よく考えたら、もしこれが真なら、

では糖質を全く摂ってないので、党首は低血糖を起こしているはずですね。

ということは、インクレチンは多少出てたのかもしれませんが、血糖値を強く抑え込めるほどのインスリン分泌促進につながるほどではなさそうです。

色々な意見をてきとうにまとめて大別すると下の二つになりそうです。

【見解1:糖質は全部吸収された説】

  • アブラを同時に摂ったことで、「何らかの作用により」糖質(この場合はデンプンです)の分解・吸収が遅れた
  • 吸収が遅い分、党首のインスリンが余裕を持って(?)血糖に対処できた
  • よって血糖値のピークは大幅に抑えられつつも、一定時間内に全て処理された

【見解2:糖質の吸収が阻害された説】

  • アブラを同時に摂ったことで、「何らかの作用により」糖質の分解・吸収そのものが阻害された。
  • 吸収されなかった糖質は大腸に流れた。
  • よって血糖値はさほど上がらず、吸収された分だけが一定時間内に処理された

いずれにせよ「何らかの作用」を誰かに解明していただきたい(生化学のお話しになるから素人にはムリです)のですが。

そこでとある鬼のようなお兄ぃさんから下った指令は…

ラードにブドウ糖溶かして飲め( ゚Д゚)オラ

ブドウ糖ってのは小腸で吸収される最小単位の単糖類でして、いわば分解済みなわけです。

だから分解・吸収のうちの「分解」の課程を経ることなくストレートに吸収されます。

ということは、「ブドウ糖のみ」の場合と「アブラ+ブドウ糖」の場合で血糖値を比較して、

A 血糖値の推移に変化なし

  • アブラはブドウ糖の吸収に影響しない
  • アブラは二(多)糖類の分解を邪魔するかもしれないという可能性は残ります

B 血糖値の上昇が抑制される

  • アブラはブドウ糖の吸収そのものを抑制する

となるんじゃないかと。書いてるうちにだんだん混乱してきてるので合ってるかどうか自信はありませんけど(;´∀`)

でもよく考えたらBの場合でも…

まあいいや。あんまり難しいことはおいといて、とりあえずやりましょうかね。

…にしても「ラードとブドウ糖」はあまりにも酷でありますよ兄さん、どうしてもやれと言うならラードとブドウ糖と血糖測定器もって家まで押しかけますぜ。

結局のところ、「生クリームとブドウ糖でよろしい」ということでお許しいただきまして(ん?)、生クリームを買いに走ったわけであります。

ブドウ糖はちょっと前のブドウ糖実験の時に使ったものと同じ。

glucose

これは前回の写真。1個3g×10で30gです。

で生クリームは、

11911096_10203621036446507_1941722576_n

ほぼ4割がアブラで6割が水ですね。ラード飯実験ではアブラの量を糖質量の1/3に設定したので、これも揃えて10gとしておきましょう。

11903345_10203621041406631_39234248_n

となると生クリは24gくらい摂ればよいと。

党首、長いこと酒飲みやってますけど、ブドウ糖つまみに生クリーム飲む日がくるとは夢想だにしませんでしたねぇ(;´д`)トホホ…

お酒と言えば李白先生(人´∀`).☆.。.:*・゚

山中與幽人對酌
兩人對酌山花開
一杯一杯復一杯

両人対酌すれば山花開く。一杯一杯また一杯…

花間一壼酒
獨酌無相親
舉杯邀明月
對影成三人

花間一壷の酒、独り酌んで相親しむもの無し。杯を挙げて名月を迎え、影に対して三人と成る。

粋どすなぁ(人´∀`).☆.。.:*・゚

なのに党首は、

11911174_10203621043446682_1012787683_n

ブドウ糖つまみに生クリですかぁ(ノД`)シクシク

Picture 102-001

ふ、ふうりゅうどすなぁ(ノД`)シクシク(ノД`)シクシク

なんかもう情けなくて涙ぽろぽろ流れて枯れてこのままいけば悪女になってしまいそうですが、何かを突き止めるために生クリなめなめしてはブドウ糖ボリボリ。

A_Tang_Dynasty_Empress_Wu_Zetian

悪女と言えば中島みゆき先生の動画でも挟もうかと思ったけど本人のがなかったので代わりに中国三大悪女に数えられる武則天のセクシー画像を載せておきます。

李白先生が生まれた4年くらい後に亡くなったそうな。

それはともかく、ブドウ糖食べるのけっこう辛いのよなぁ。10個もあるし。

実際のところ生クリ24gではとても食べきれるものではないので倍以上の生クリ飲んじゃったけどこの点について党首を責められる人はいますまい。

11913202_10203621087407781_91845619_n

さいごのいっこだよ…ε-(◔ิд◔ิ;A)フゥ

食べきった。

気を取り直して血糖値計ります。

★血糖値(mg/dl)

  • 空腹時: 77
  • 30分後: 165
  • 60分後: 168
  • 120分後: 98

cream-glucose

 

だいけいのめんせきのもとめかたはかっこじょうていたすかていかっことじるかけるたさかわるにっ!!φ(≖ω≖。)♪

すっかり忘れてたわそんなこと。

ブドウ糖だけ実験の時の血糖値カーブは覚えていますね?

覚えていますね?

党首は身を削り心にも大きな傷を負いながら実験やってますので、あなたも毎回命がけで教典読んで全部覚えるくらいでないといつかやってくるハルマゲドンの時に助けてあげませんよ((*゚Д゚)ゞ ハイ!

cream-glucose-glucose

緑がブドウ糖でしたね。30分でピーク、60分で収束しております。

赤が「アブラ+ブドウ糖」。30-60分はほとんど同じ値ですから、ピーク時の高血糖が30分続いていると考えられます。

高血糖状態が続いたのはアブラの影響と考えられますが、もちろんアブラがどう影響してるのかは党首には分かりません。

ここでのポイントは、アブラがあろうとなかろうと30分で同じような高血糖になっているという点ですね。

ここから推測できることは、

  • アブラはブドウ糖(単糖類)の吸収を妨げない
  • アブラはインスリンの血糖処理能力を強めてもいない

ですね。

アブラがデンプン、というよりその分解されたものである麦芽糖(小腸で最終的にブドウ糖に分解される二糖類)の分解を妨げている可能性があるってことになるのかな。

ということは、次は生クリ片手に麦芽糖を食べる必要がある…?

だれかやってーっ!

☆党首の心意気、買った!←御寄付・御支援のお願いです

★他の実験も読んでね♪

★ブドゥ党と党首σ(゚∀゚ )を応援して下さる皆さまへ:

・SNSでの教典の拡散、はてなブックマークへの登録にご協力下さいませ♪

Facebookブドゥ党ページへのいいね!もお願いします♪

・党首ともFacebookでお友達になりましょう♪

・党首のTwitterもフォローしてね(人´∀`).☆.。.:*・゚

◆党首おすすめの記事

☆ご飯は?砂糖は?お肉は?血糖値、計りたおしてます♪
☆サラシアで血糖値を下げる!糖質オフの強い味方
☆浄財で功徳を積みましょう☆
☆【党首より】ブドゥ党限定のサラシア茶 共同購入しませんか?


秘密結社ブドゥ党 友だち追加数