やっぱり鶏ムネは肉だと思いなおしてみる



うーむ。

なんだろうな、このトリムネへの異常な執着(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

ちょっと前に鶏ムネ肉は肉じゃないと仮定してみたのですが。

あれはあれでよいのですけども、鶏ムネを肉として正しく扱ってあげないともしσ(゚∀゚ )トウシュが鶏ムネだったら成仏できないわ成仏などしてたまるものかブドゥ党は古神道だアニミズムだ万物に神宿るのだよってσ(゚∀゚ )トウシュは神なのだぁぁぁ(-ω-。)(。-ω-))フルフルなどと思えなくもないのです。

しかし鶏ムネを肉と見た場合、何度も申しておりますがブドゥハムに勝る調理法(あれが調理か?)を思いつかずにおりまする。

なんかないのか?

なんかもっとあるはずだ。

σ(゚∀゚ )トウシュブドゥハムには若干飽きてて作る気がしないのだエェ━━━━━( ゚Å゚;)━━━━━!!?

しかし日々近所のスーパーを巡っていると特売のchicken breastたちがBless thou! Bless thou!って語法間違っとるやないけーこのトリアタマどもがーっ!( ゚Д゚)!

なんのこっちゃですがまあとにかくハゲ散らかしてしまそうなほどの苦悩の日々を過ごしておりましたのですよ。

そんなある日。

安い牛肉を塩水浸けにしてから焼いたらおいしくなるよ的な記事をネットでみかけました。

ほぅ(((uдu*)

ブドゥハム牛肉バージョンも一番安いカチコチの牛肉で作るんですが不思議と柔らかくて普通に食べられるようになります。

↑は沸かした塩水に浸けて放置するんでちょっと違いますけども、肉を事前に塩水に浸けておくのもいいのかもしれない。

これは試してみてもよさそうであります。

そしてもう一つ。

干物用ネットを新調したので、鶏節もどき—要するに鶏の干し肉を作ってみても面白そうな気がする。

(塩)水に浸けるのと水を抜くのと、一見真逆のように思えますがそれぞれどうなるか?

やってみました。

1.鶏ムネの塩水浸け

KIMG2649

実にシンプル。胸肉の皮をひっぺがして(別で食べる)塩水に1日浸しました。塩水の濃さ?てきとーです。塩っ辛いなーくらいです。

KIMG2657

翌日ふつーに….弱火でゆっくりですけど焼きました。

KIMG2662

そろそろ火が通ってるでしょというところで加熱をやめて粗熱がとれるまでホイルでくるんでほっときまして、冷めてからカットしますとこんな感じ。

KIMG2663

見た目は何もしないで焼いた場合とほぼ同じですが、食べてみたらけっこう違いますな。

普通に焼くよりはジューシー感がアップしてます。

しっとり感でいいますと、

塩漬け鶏ムネ < 塩水浸け < ブドゥハム

試食時に鶏ムネ嫌いな奴隷の一人がたまたま居合わせたので食べないとひどいめに合わせるぞと脅して食べさせてみたら旨いっす旨いざますと図々しくも完食しやがりました。

涙流してたのできっとものすごく感動したのでしょう。

σ(゚∀゚ )トウシュの愛に。

ということでこれはアリです( ´∀`)bグッ!

2.鶏ムネの干物

ということで気をよくして干物作りにとりかかります。

KIMG2650

鰹節みたいなの作りたかったのでそれっぽくカットして、塩コショーで2日ほど漬け込みました。

KIMG2651

↑二日後。水分を拭き取ってからネットに。

KIMG2661

好天が続いてたのでせっかくなので天日干しにしちゃおうと。腐敗しそうでコワいですけどね。

ま、実験だし腐ったら奴隷がいるし(´∀`*)

たぶん、一日天日干しして腐敗臭がしなかったらもう大丈夫でしょう。あとは日中は外、日が暮れたら屋内でひたすら放置します。

水分がどんどん出ていくと分かるんですが、鶏ムネってかなり脂が多いのね。

干してるとどんどん脂が出てきて表面テロンテロンです。とても美味しそう(人´∀`).☆.。.:*・゚

カチコチの干物が作りたいのですが丸2日経ったところでガマンできずに試食しました。

KIMG2664

↑48時間干された鶏ムネ。分割すると中はまだまだ生っぽいので軽くトースターで焼きました。

KIMG2665

いい感じでしょ。

KIMG2666KIMG2668

これはうまいっすわ。脂ノリノリでパサパサ感はかなり軽減されてます。

そして残りはそのまま干し続けて一週間が経過いたしました。

二度目の試食タイムです。

KIMG2684KIMG2685

各段に硬度は増しておりますがまだ柔らかさも残ってます。表面はガチガチシワシワだけど押さえるとプニプニします。

老婆のような少女の趣と言えばお分かりいただけるでしょう。老爺のような少年でもいいですけど。

KIMG2687

ここまでくると加熱しなくても大丈夫かなと思い、そのまま食べてみました。

一本完食して36時間ほど経過しておりますが今のところσ(゚∀゚ )トウシュの身体に異常は見られません。

これはかなりσ(゚∀゚ )トウシュ好みのおつまみですなぁ。

表面はパシパシですが中はねっとりしておりまして、めちゃめちゃ持ち上げればカラスミを想起させなくもない。

むしろコショウがいらないか。塩だけでじっくり熟成させる方が肉の旨味をより強く感じられそうです。

これも普段の鶏ムネさんからは想像できないくらい脂が効いております。

脂っこいのが苦手な方は軽く炙って食べる方が食べやすいかな。

うむ。これもブドゥ党公式聖餐に採用ですな。

まだ数本干物が残っておりますのでこのまま干し続け鶏節みたいなのが出来るかどうか試しております。

鰹節なみにカチカチになったら削り節作って近所のヌコたちを集めてぱーちーする予定です。

食べ終わったら聞いてやるつもりですよ。

ぬしら、あれを鰹節だと思ったか?ふっふっふ。それが畜生のあさましさ(ФДФ)

干物用ネットは数百円~千円ちょっとで買えますので持ってない方はお勧めですよ♪

 

☆党首の心意気、買った!

★他の実験も読んでね♪

★ブドゥ党と党首σ(゚∀゚ )を応援して下さる皆さまへ:

・SNSでの教典の拡散、はてなブックマークへの登録にご協力下さいませ♪

Facebookブドゥ党ページへのいいね!もお願いします♪

・党首ともFacebookでお友達になりましょう♪

・党首のTwitterもフォローしてね(人´∀`).☆.。.:*・゚

◆党首おすすめの記事

☆ご飯は?砂糖は?お肉は?血糖値、計りたおしてます♪
☆サラシアで血糖値を下げる!糖質オフの強い味方
☆浄財で功徳を積みましょう☆
☆【党首より】ブドゥ党限定のサラシア茶 共同購入しませんか?


秘密結社ブドゥ党 友だち追加数
 

やっぱり鶏ムネは肉だと思いなおしてみる” に対して1件のコメントがあります。

  1. 千代太郎 より:

    鶏胸肉は、簡単にしっとり調理出来ますよ。繊維に直角に一口大に切って、塩胡椒を揉み込み、軽く片栗粉をまぶしてからフライパンにオイルを敷いてから並べます。くっ付いても大丈夫です。敷き詰めます。中火で蓋をして、いい焼き色がついたら、フライ返しで、くっ付いたまま、全体をひっくり返しします。これで一個ずつひっくり返す手間が省けます。両面に焼き色がついたら、これにローズマリーを入れてお水を150ccほど入れて再び蓋をして3分ほどするとしっとり美味しいソテーになりますし、これを、スープやシチューに入れてもとっても美味しいです。くっ付いていたのも簡単に一口大のバラバラになります。ローズマリーはお好みでどうぞ。ポイントは、片栗粉を軽くまぶして焼いてから水分を加えることです。こうするとどんな料理に使ってもずっとしっとり美味しいです。しかも、あっという間に出来ます。

  2. TMG より:

    食べ物干すにはFood dehydratorをおすすめします。アメリカ製のでっかいのがありますよ。掃除機並みにうるさくて時間も意外と掛かりますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA